yusuke3rd-tumblr
保育士が足りないって言って、保育士資格保有者は沢山いるのに労働条件が悪すぎて辞めていってる現状を無視して、準保育士を作ってより安く使える人を増やそうとしてるのが、ブラックジョークにしか見えない。

植物状態の人と、今日も会う。

仕事で。

ナースでぇーす☆命救ってまぁーす☆

って昨日の合コンで言って、「実演!」なんつって脈を測るふりして手を握ったりして、

すごい楽しかったその翌日に、真顔でここにいて、本気で脈を測っている。

その脈はとても規則正しく、きれいに打っているけど、

目の前の人は、目も開けない。いや、たまに半目。なんの意識もない。

何も喋んない。何も食べない。自分で息すらできてない。

人工呼吸器の一定の吸気排気のリズムと、心電図モニターの音と、たくさんの点滴がぐるぐると彼を囲んでいる。

その人は、私の彼氏でもなければ、親御でもない。ただの一期一会。私はこの人を知らない。

ある日、玄関で倒れた。脳出血だったみたい。

1人暮らしで、家族はいなかった。地方から1人出てきて、兄弟からも絶縁されていた。

色々な機関をあたって、やっと連絡先を見つけて連絡を取った家族

「いやぁ~あの~」を100回くらい要所に挟みながらも、

つまりは「死んだら、連絡ください」

ということを言った。

可哀そうとは、思わなくなってしまった。もう。

人生のその瞬間だけを見て、ドラマのように「ひどい、可哀そう」とは思わなくなってしまった。

本当に色々な人生が人にはあって。

長い長い色んな積み重ねの中で今、その言葉があるってことを、いっぱい見てきた。

仕方ない。

脈は正常。

呼吸は一定。

でも植物状態

家族は全てを病院に任せた。

生きてても、死んでても、なんでもいい人。

主治医の興味はどんどん薄れて、そっと、その人は、そこにいるだけの人になった。

愛されて愛されて、抱きしめられて、見舞いも何人もくる患者さんの横で、

静かに、ピッ・・・ピッ・・・と彼の心電図モニターの音が響いていた。

この人は、生きているのだろうか。

この人は、死んでいるんじゃないか?

もうほとんど死んでいるんじゃないか?

脳死とかドナーとか命のリレーとか、そういうの見聞きするたびに、

私は見失う。

命ってのは何で、臓器ってのは何で、この人は何で。

血圧が少し、安定しない夜があった。

私は医師に報告した。

血圧を上げる薬も、下げる薬も、たくさんあった。

でも医師は、「んー」を何度も繰り返し、私を静かに諭すように、

自然に看取ってあげよう」と言った。

死っていうのはさぁ~

医療の敗亡じゃないんだよぉ~

むしろね、むやみに色々やることのほうが~

かえって人間尊厳を奪い~

人間らしさを奪う行為にぃ~

「美しい」と思う。そういうのって。

美しいし、わかりやすいし、とても満ちているって思う。言葉で聞くと。文で読んでも。

人間らしくないよね。機械につながれて、点滴チューブに囲まれて、ただ延命されてる。

しかも誰一人、「この人を助けて」って人もいないわけで。

うん。

うん。

うん。

先輩にそう伝えると、「うん・・・」

後輩にそう伝えると、「はい・・・」

私たちは、そうして、彼のカルテを閉じた。

その日、たまたま飲みに行って、うまいうまい言って煮物を頬張りながら、

全然違う話をしてたのに後輩が、

「でも、なんか今日、いつもより顔色良かったですよね」

と、言った。

「あの人さー、髭はえる速度、超はやくないー?

 私、朝そったのに、夜もうボーボーだったんだけどー」

と先輩がクスクス笑った。

手を、彼の手を、握ったことがない看護師はいない。

毎日、毎勤務、私たちは欠かさず、彼の手を取り脈を測る。

彼の名前を耳元で呼び掛ける。

体を吹く。

腕を取り、足を抱えて、抱きしめるかのように、体位をかえる。

毎日毎日熱を測って、熱のある日には氷枕を、熱が下がればそれを枕に。

汗をかけば、タオルでふいて、髭をそる。爪を切る。

そんな中で、「あれ?今日、顔色いいな」って日がある。

「あれ、今日苦しそうだな」って日もある。

毎日、毎時間、違う。

脈も血圧もタンの量も、すこしずつ違う今日がある。

どんだけ機械に囲まれようとも、管に絡まれようとも、

この人を、人間らしくないなんて思えたこと一度もない。

わかっていても、目の当たりにすると脳死は人の死だなんて思えない。

生きているとしか思えない。

意識がないことなんてちっぽけなことなくらい、

今ここにある命が圧倒的すぎて、

命すげぇーって思って、

死んでく人もたくさんみるからこそ、

もう生きてると死んでるじゃ、全然違って、

「人として生きてるとは言えない」って言葉が薄っぺらに感じるくらい、

ただもう、ただもう、命があるってことがすごい。問答無用に。命がすごい。

学生の頃は「病院で死ぬということ」を読んで感銘を受けて、

人間らしく生きるとは~!なんて必死だったけど、

人間なんて、どう生きたって、人間らしくしかならないわけで。

法律とか、もう色々あるんでしょうけど、

その時代時代の雰囲気で変わるものの上に乗せてしまっていいのかと思うくらい、

今、現場で、毎日見つめる命というものは、すごい。すごすぎる。

脳死という問題があり。延命という問題がある。臓器という問題もそこをウロウロしている。

命のリレーと言われたり、死待ちの医療と言われたり、枯れ木に水と言われたり。

でも、今、その命の目の前に立ったとき、何も正解を言えない自分がいる。

植物状態の人と、今日も会う。

明日明後日も、やっぱり会いたいと思っている。

meroncholinista:

4コマ No622

meroncholinista:

4コマ No622

yzat3:

朝潮にソバを食べさせたら可愛いだけ on Twitpic
あるイベントで知らない女の人に「煙草の火貸してくれませんか」って言われて、「このなかで一番煙草を吸わなそうな僕にどうして聞くんですか?」って僕が答えたら、「あなたがどんな声でどんなしゃべり方するか聞きたかったから」って言われたのが今年の僕の年ベスです
私はよく管理職の研修などで「かりてきたねこ」というキーワードを紹介しています。「(か)感情的にならない」「(り)理由を話す」「(て)手短に」「(き)キャラクター(性格や人格)に触れない」「(た)他人と比較しない」「(ね)根に持たない」「(こ)個別に叱る」の頭文字です
91c293bc.jpg

人生って別にそんなにつらいものじゃないよ

日本はとりあえず恵まれている

例えば自分ワープアだとするじゃん。

年収200万以下。

辛いって思うじゃん。

でも、月17万くらいあったら、安い家賃のところに住んで、

そこそこうまくもまずくもない飯を毎日食べれて、

娯楽費にもある程度ぶちこめて

ちょっと節約すれば貯金もできるわけ。(ただし独身に限る)

発展途上国ではなかなかこうはいかない。

飯が食えて家があるだけでとりあえず上等。

娯楽費にお金なんてなかなか使えない。

とりあえず何かスキルをつければお金もっと稼げるようになる

スキルがあれば億万長者になってうっはうはというわけではないけど、

とりあえずある程度まで何らかのスキルを身につければ、収入は上がる。

そうすれば生活もっと楽になるし、選択肢もっと広がる。

こういうのって21世紀より前ではなかなか考えられなかった、つい最近の話。

悲観しているのは未来悲惨っぽいから

どうせ頑張ったって人生意味なんてないんだからとか、

虚しすぎて生きたくないとか

さびしいとか、

ニヒリズムとか、いろいろあるのだろうけど、

そういうことって、たぶん「今が楽しくて、将来もきっと楽しいだろうな」っていう考えがあったらあまり考えないんじゃないかな。

「今が辛くて、将来も辛そう」っていうのが見えちゃうから悲観的に考えてしまうんだと思う。

そもそも人間未来のことを考えて動けない

「10年後こうなるために、頑張る」ってのは、ちょっと狂気の沙汰だ。

10年後に結果が出るようなシステムはうまくいかない。

アリアハンでひたすら敵を倒し続けた結果、いきなりLv1からLv99になるようなものだ。

「10年20年先のことを考えて動け」とか言う人がたまにいるけど、

それはすごく難しいことだ。

あいつらはいつも「こうするべき」とか言うけど「こうやってそれを達成する」とかは言ってくれない。

「これをやらないと将来は悲惨」というような考え方は捨てよう

別にやらなくてもいいけど、やっといた方がオトク」みたいな考え方の方がわりとうまくいく。

睡眠不足の人に「寝なくても別に目瞑って横になっとくだけでいいんだよ」とか言うと寝れちゃうみたいに、

プレッシャーを感じすぎると人間は動けなくなる。

ニートだったら、「働いたら将来オトク」とかそういう考え方にシフトしておこう。

そう思うことで、

「もし働いてたらこのPC買えるんだな」とか「働いてたら今から風俗行くのに」って

考え方になる。

もちろん、金持ちニートはその限りではない。ていうか金持ちニートはこれを読む必要がまったくない。


スキルつけたいときも、

「やらないと…!」とかいうよりも

「とりあえず30秒だけやっとくかwwやらないよりマシだろワロス30秒たった今日の勉強終わりwwww」のほうがうまくいく。

できれば取り掛かったのなら長時間やるべきだけど本当に30秒で終わってもいい。

毎日30秒でも1年で3時間、10年で30時間分の勉強になる。

あとは適当に気が向いたときに「今日はもう30秒だけ余分に勉強するか」とか言いながらやっておけばいい。

スーパーでよく思うであろう「こっち10%OFFだからこっち買お」というぐらいの手軽さでいこう。

あと、昨日やり忘れたから、今日は2倍やろうだなんて思わなくていい。

昨日やり忘れたなら、スケジュールが1日伸びるだけだから、たいしたことない。

世の中は割と単純

人間は、とりあえず生きるために、とりあえず狩猟したけどめんどくさかったし死ぬかもしれないから、とりあえず食糧生産して、

楽したいからとりあえず工業製品とか作って、暇だからサービス作ったりもっと楽するためにとか趣味とかで勉強したりしてるだけ。

から、えらそうなことを懇々と垂れる人たちも、単なる一人のエロジジイだったということもよくある。

Vimを使おう

Vimはすごく高機能テキストエディタで、人生に彩りを与えてくれるすばらしいものだ。どのOSでも使うことができる。

最後

人生って別にそんなにつらいものじゃないよ

もしあなた人生がつらいのなら、それは人生がつらいのじゃなくて、

あなた人生に対する考え方や行動がつらさの要因なので、

考え方さえちょこっとシフトしてしまえば、人生楽しいだろうし、

別に楽しくなろうとしてなかったとしても、「人生のつらさ」の面は解消されるはずで

オトクだから

のびのびとしたゆとりある人生を送りましょう。

コミュ障とは、人見知りの人ではなく
やたら絡んでは来るけど、常に否定的な意見や、返事に困る様な振りや
「え?このタイミングで何でそれ言おうと思ったの?」
「ちょっと鋭いツッコミだと思ってるんだろうけどケンカ売ってる?」
「ここはお前の日記帳じゃないぞ」
な人がコミュ障だと思う。